So-net無料ブログ作成

台湾旅行記④ 子連れはどーなの?編 091214-18 [OVERSEAS]

台湾旅行記④、いよいよ最後となりました。
(フー!ここまでお付き合い頂いている方、ありがとうございます[ぴかぴか(新しい)]

④は、「子連れはどーなの?」編です。
「台湾に行く」と誰かに言った時に、よく聞かれていたことでしたので。

で、どーだったかというと、とても問題ありませんでした、というのが結論なのですが。

今回、台湾は街中がガタ道が多いとの父としんこちゃんの情報で、
ベビーカーは持っていかず、エルゴ一本に頼り、抱っこで行くことにしました。
そう決めるまでは相当覚悟がいったのですが、(きさももう8.5kgなので)
夫が、「全部抱っこするから」と言ってくれたので。

DSC07495.JPGで、出発はこんないでたちになりました。
幸い、南方面で、着替えは長袖Tシャツと下着くらいで済んだので、荷物は3人で小さめの
スーツケース2個で足りました。
ただし、私のスーツケースはほとんどオムツと離乳食ときさの服でしたが[あせあせ(飛び散る汗)]
一人だったらどれだけ身軽だったのか!?
消耗品で半分くらいとっていたので、「帰りはお土産入れてくるから!」と自分を慰めました。

・行きの機内

飛行機は、CHINA AIR LINE.
”Priority Service”を申し込んでいたので、ラウンジを利用して、優先搭乗。
出発前にゆったり成田でくつろげました。

席は、夫は一番後ろがいいのでは、と指定していたのですが、
「赤ちゃんは、スクリーン前の広い席が安全上いい」が航空会社の常識のようで、
そちらの席に変更してもらいました。

すると、こんなベッドが出てきました。きさは、身長と体重を聞かれたので、
多分あと少しでアウトだったのですが、一応少しは使えました。
ただ、もう自我も出てきたし、寝返ってしまうので、あまり大人しくはして
もらえませんでしたが、ずっと抱っこしているよりは、機内食を食べる間くらい
手を離したい、と言う時に使えました。でも、身長70cmでギリギリ。って感じ。

DSC07505.JPG
機内では、代わる代わる抱っこして。くっついていました。
行きは4時間かかったのですが、オムツ換えもしないで済み、
大泣きもせず、隣もいなくて平和に過ぎました。

機内でぐっすり寝るように、空港でガッツリ遊ばせて乗るのが良い、と、

ダーリンは外国人 with BABY 





に書いてあったのですが、行きは使わず、
台北の空港のプレイルームはなんだか土足しちゃっている子がいるっぽく、
小汚く、結局そのテクは使いませんでした。
DSC07508.JPG


・ホテルにて

うちは普段布団で川の字で寝ているので、ツインの部屋でどう寝るか、
心配していたのですが決めておらず、「とりあえず添い寝もやだし(狭くなるから)
落とすのもいや」と思い、「では、最初から落としておこう」と、ベッドの間に
シーツを布団をひいて、そこをきさのスペースにしました。
一応まだつかまり立ちもできないので、スーツケースでせき止められました。
多少ストレスは溜まっていそうでしたが、なんとか。

DSC07516.JPGベッドの上は束の間
僅かなプレイルーム
DSC07525.JPG
あれ?どっちの寝床?DSC07766.JPG

・公共交通機関

MRT内では、”優先席”の意識が日本より強く、きさを連れて乗車すると、
「直ぐに」誰かしらが席を譲ってくれました。
このすばやさ、日本でもないかな・・。
長い電車ではないからか、電車で目をつぶっている(ふりをする)人も少なかった
ような。
きっと日本人より色々マナーもよく、「公共の場」という意識が強い気がします。

DSC07530.JPG
この標識がお気に入り。DSC07531.JPG
でも、都心だからか、ほとんど赤ちゃん連れに出会えず、ベビーカーも、
抱っこ紐もほとんど見ませんでした。デパートで、くらい。残念。

電車で近くの人、特におばちゃんは、赤ちゃんにすぐ反応して、
「可愛(カーイー)」と言ってくれて、(夫が)ご満悦でした。
赤ちゃん連れの特権だね!

・飲食店にて

こちらは、台北101のフードコート。赤ちゃん椅子があります。
他、町の店とかじゃないお店だと、大体ベビーイスがありました。
町の店では、夫は抱っこしたまま食べました。丸椅子が多かったので。
結局、持って行ったチェアベルト(普通の背もたれのある大人用椅子に布をかけることで、
赤ちゃん仕様になる)は、2回くらいしか使いませんでした。
でも、その2回でも楽できて、もって行った甲斐があります★

DSC07563.JPG
これがチェアベルトです。DSC07805.JPG
簡単なのに全然外れません。
DSC07803.JPG
目線は、こんなです。座高がね~。

・ご飯について

きさは、生後8ヶ月半。離乳食は2回がっつり食べて、あと授乳を4~6回という
のが普段のリズムです。
旅行では、瓶のベビーフード(以下BF)を回数分持って行って完食。
ただ、1瓶だと足りないので、大人の食事であげられるものは出来るだけ
あげるようにしました。台湾の味も楽しませたいしネ!

しょうろんぽう・・DSC07595.JPGDSC07607.JPG
大人が食べていると、
「あたちも食べたい!」
ということで、1個あげました。ちょうど食事のタイミングも一緒なので。
あと、ご飯とスープを頼んで雑炊にしたり、
点心の大根餅も1個ペロリ。
本当はバナナがあるといいなーとバナナケースを持っていっていたのですが、
近くにスーパーがなく、買えませんでした。

・授乳室、オムツ換えスペース


台北では、東京程度の授乳室とオムツ換えスペースがありました。
空港では完備、デパートも完備、駅は授乳室は主要駅にあり、
後はオムツ換えシートはどこの駅のトイレにも、というのが基本な感じ。
DSC07853.JPG
(台北駅。哺乳室!授乳じゃないのね~。ダイレクト。)

ただ、私は結局空港と駅の授乳室は使いませんでした。
なぜなら、台北では、授乳室を使う時に、鍵を借りて、個室状態にして使うのです。
それが煩わしいし、一人じゃ帰ってなんか不安で。知らない町で密室はな・・と。
なので、持っていった授乳ケープを使って駅のホームとかで授乳した気が。

でも、故宮博物院では、キレイそうだったのと場所が良かったので使ってみました。
なかなか快適♪
とてもキレイ。でも、外で他の人が待っているんじゃないかと思うとゆっくり
できません(しないけどさー。)
DSC07810.JPG

・帰りの機内

帰りの飛行機は、行きより短かったようです。三時間半くらいかな。
行きにはもらわなかったベビーミールがサーブされました。
内容は、
・激甘い洋梨のピューレ ・同 りんごのピューレ ・同ジュース 
ってなもの。これ、胸焼けしちゃうよ・・ ミール、だよね?

結局一つだけ”嗜好品”として与え、持参のBFをあげました。
あと、どうぶつクッキー。

帰りは、すごくすごくぐずりました。
DSC07746.JPGずっとあやしっぱなし。
空港までのバスの中でよく寝てしまったのと、
ご飯を食べた後、
(大)がしたくなっちゃったので・・。

2度、夫がオムツ換えに。
機内のトイレは、今回私は一度も使わなかったのですが、
普通にオムツ換えシートがあるそうです。
が、2回目のときに、私がうつらうつらしていると(ゴメン!でも気が緩んで)

尋常じゃない悲痛な泣き声がっ!


どうやら、オムツ換えで暴れて、落ちてしまったらしいのです。
(ギリギリ拾ったらしいけど・・・少しは当たったみたい)
やっぱり、難しいよね・・狭くて揺れてて。多分ベルトないし。
そこは残念でした。

帰りもベッドを借りました。でも、すごく不満そう。

DSC07882.JPG

さんざん暴れて、着陸後、抱っこして歩いたら、スーっと眠りに落ちました。
オイオイ~~。

という感じで、無事に帰ってきました。
DSC07889.JPG
帰りの高速バスも、電車も、ずっと抱っこです。

そんなんで、ずーっと抱っこし続けた夫。
帰ってきてしばらくして、風邪をひいてダウンしました。やっぱり
少しは堪えちゃったみたい。


ほとんど抱っこをまかせた私は、元気。
きさも、風邪も引かず下痢もせず、元気↓

DSC07896.JPG
旅の間ずっと抱っこだったので、部屋で暴れて、その場で昼寝したり。
といったことはありましたが、いたって健康。

DSC07926.JPG
ちょっとずつつかまり立ちもできるようになってきて。
DSC07942.JPG
本人何がなんだか分かっていないと思うけど、大人二人は楽しんだ台湾旅行でした!

ある程度の都市ならば、バリアフリーは進んでいる!と自信を持てました。
台湾は特にこの数年でどんどん改良されているんじゃないかな。
きっと他の国も。

さ、、次はどこに行かせてもらいましょうか・・??
かなり先だと思うけど!

★おまけ★

台中で、S生命時代の友人、しんこちゃんを訪ね、おうちにお邪魔し、町を
案内してもらい。
きさより約5ヶ月早く生まれた りこちゃん、と遊ぶことが出来ました。
DSC07661.JPGレストランにて やりたい放題
りこちゃんはタクシーもお手の物DSC07694.JPG
おもちゃ、借りてます★DSC07736.JPG
女子二人、華やかです♪DSC07737.JPGDSC07739.JPG
ちょ、ちょっとそのポーズはくつろぎすぎじゃない!?

今回の旅にとって欠かせない出会いでした。ありがとうございました!
また日本で会おうね!


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 2

コメント 6

ひやま

海外に赤ちゃんもいっしょに行く!というユッキーさんの心意気が大好きです。
今度、イタリアにもさきちゃん連れて来て下さいね!
by ひやま (2009-12-28 05:02) 

しんこ

台湾旅行記お疲れさまでした!数日間の滞在なのに、本当に盛りだくさんで精力的に行動されたんだな~とびっくりです!観光も食べ物も子連れ情報も、私なんて住んでいるのに、全然知らないことばかりで参考になりました^^
今まで「子供がいるからあまり遠出は・・・」と思っていたけれど、yukkyさん&きさちゃんを見ていると、子連れが障害になることはないんだなぁと考え方が変わりましたよ!私もこれから色々な場所に子連れで出かけて見ようと思います♪あ、もちろんyukkyさんの旦那さんのように万全なサポートがあるからこそだと思いますので、うちの夫も教育しないと(笑)

次回会う時に子供二人がどれだけ成長しているか楽しみですね♪また会える日を楽しみにしています!


by しんこ (2009-12-28 09:20) 

ゆっきー

ひやま>エヘ★
旅費が安いうちに、連れて行きたいな~。どうせしばらく本人記憶ないしねぇ!
by ゆっきー (2009-12-28 20:13) 

ゆっきー

しんこちゃん>
ありがとう!ピン止めもとっても重宝しているし、お土産や何から何まで、
ほんとありがとうvv お世話になりました!楽しかったよー!
是非是非、色々出かけて、教えてね!
うまーく旦那さんの力を借りられると、ほんと楽になるねぇ。
by ゆっきー (2009-12-28 20:16) 

はぎまま

こんにちは!初訪問、コメント失礼します。
ブログ大変参考になりました!
私も明日より旦那さんと娘(5ヶ月)と初台湾(ツアー)に行ってまいります!
授乳室やベビーベッドの事など知りたい情報ばかりでした。
本当にありがとうございます★
by はぎまま (2016-03-10 15:21) 

ゆっきー

はぎままさん>コメント頂いていたんですね、参考になってよかったです!久々にログインしました~☆
by ゆっきー (2016-08-26 09:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0